読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

う し さ ん

痛風治療や健康維持のための日記

痛み止めの短期衝撃投与

ステロイド系消炎鎮痛剤(NSAID)の使用

痛風発作は、短時間作用型の強力なNSAIDの十分量の投与により出来るだけ速やかに消退させることは発作を遷延化させたり短期間で再発させないために必要である。

痛風発作に対しては、一般的に

ナプロキセン(ナイキサン)
ジクロフェナクナトリウム(ボルタレン)

などのNSAIDが使用される。

典型的な痛風発作に対しては、
通常の投与量では十分な効果が
期待出来ないことがあり

明らかな腎機能障害などが無ければ

ナプロキセン 1200mg
ジクロフェナムナトリウム 150mg

までの範囲で1~3日間の投与を行う
NSAIDパルス療法」が推奨されている。

痛風発作が消退傾向を示せば
NSAIDを通常量まで減量し発赤腫脹が
消失し通常の歩行程度では痛みを
感じなくなるまで服用を継続する。

NSAIDをあまり早期に中止すると
発作が遷延化したり繰り返すことが
あり注意が必要である。