読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

う し さ ん

痛風治療や健康維持のための日記

痛風発作とストレス反応

痛風発作が起きる前には
必ず陥っている精神状態がある。
そこには間違いなく切迫したストレスがかかっている。

ストレスの内容は人によりけりだか
間違いなく精神的高揚を伴わければ
発作は起きない。

痛風発作は尿酸結晶に対する
血液の白血球の貪食によるもので
言わば外敵をやっつけようという
体からのエマージェンシーが無ければ
働かない。
そのトリガーになる要素が
ストレスによる精神的高揚なのだ。

この状態においては決してネガティブな部分
だけを指す訳ではない。

楽しくいくらでも続けられそうな出来事
つまり趣味の時間でも引き起こされる。
だから用心が悪いのである。

生活習慣病にはそういった現代社会の
いわゆる全ての要因が
ある種の燃えかすのように
個人の体内に堆積し
様々な病気となって現れるものだと

強烈な痛みと体験により
理解している。