う し さ ん

痛風治療や健康維持のための日記

90.9

91.2

91.6

90.9

91.6

足の状態

腫れもだいぶ落ち着いたがまだ中の方で痛風のくすぶりはある。注意深くやる。

減量をはじめて

あまりにも太っていたせいですぐに効果は出ているが甘くないのは経験済み。けれどダイエットはいいことばかり。まず集中力が物凄く上がる。持続力も出てくる。やはり意識を高くもたないとダイエットは成功しないし、成功しているときは集中出来ているからだ…

90.9

91.8

91.4

減量は自分との対話

92.0

91.6

92.2

91.7

92.4㎏

92.2㎏

92.8㎏

93.5㎏

歩いてきた。

体重記録 93.9㎏

体重記録 93.5㎏

変動するな・・・。

ダイエット対策

お昼の炭水化物は摂る。夜ご飯の炭水化物をキャベツに変えよう。

体重記録 94.5㎏

まずい・・・。

腎臓は冷やすと

機能低下が著しい。夏場でも腹巻を巻いてもいい。痛風発作は初動処置が大事。ためらわず、坐薬!!!夜撮影だから色味がわからない。少しずつ少しずつ回復していく。

腎兪というツボがすごいらしい

www.acupressure.jp これを刺激すると尿量が4倍になり ナトリウムの分解も4倍になるというデータもあるらしい。 押すだけならタダ。 やってみようと思う。

尿酸結晶の場所

尿酸結晶が動いている場所は関節の深いところなのであまりフェルビナクの湿布を貼ってもそれだけでは発作は治まらない。やはり飲み薬や坐薬による短期衝撃投与が必要になる。今回の発作の反省点だ。

今不必要な怒りを

覚えたら、深呼吸深呼吸。怒りが必要なタイミングではないことに気づく。

常陸国の出雲大社

David.T.Walkerの

趣味は盆栽らしい。かなりの親日家なんだな。

はてなブログアプリ

気楽に素早く備忘録や日記のようなものを記せるのでなかなか便利だ。ただブログページ自体は少々重たいのかな?

精神的ストレス

やはりストレスがある。どうにかしようとするがほとんどの事はどうしようもない事ばかり。ということは感じないようにするしかない。ここで今までならお酒を飲んでいた。もう繰り返してはだめ。新しい身軽な自分に昇華させてみせる。

経験則から食べないほうがいい物

・レトルト食品全般 ・カップめん ・大量生産の惣菜ぱん ・ラーメンのスープ 肉がダメとかそういうことじゃない気がする。 なんとなく食品添加物が悪影響を与えている気がする。 戦後痛風患者の増加と食品添加物の関係を知りたい。

痛み止めの短期衝撃投与

非ステロイド系消炎鎮痛剤(NSAID)の使用痛風発作は、短時間作用型の強力なNSAIDの十分量の投与により出来るだけ速やかに消退させることは発作を遷延化させたり短期間で再発させないために必要である。痛風発作に対しては、一般的にナプロキセン(ナイキサン…

痛風治療の勉強になるサイト

両国東口クリニックhttp://higasiguti.jpこの病院はきっと力士の方もたくさん診ておられる病院だと勝手に思っている。お相撲さんもまた日々痛風と闘っている。

お酒と激痛

痛風発作が起きるとこれだけ社会生活に支障をきたすならお酒を飲むことを諦める理由になるだろう。ただ、禁酒という言葉は使いたくない。本当に飲みたければ飲めばいい。ただ、痛風発作の激痛の不安を感じながらだが。

今日は暑いから

また少し腫れてる。

靴下作戦

夜寝てる間、心拍数も体温も落ちる。その間に尿酸結晶も生成されやすい。靴下を履いて足先を常に暖かくする。これは効果があるが、水虫を気にして昨年から止めていた。腫れが落ち着いたら再開したい作戦だ。

深呼吸と酸性

深呼吸をしたら体のpHをコントロール出来るとは到底思えないが、常に健康意識を持つ意味で大事だと思っている。そうすると、食べてもいいや飲んでもいいやをコントロールし易くなる。【深呼吸からこころのコントロールをする】のである。

痛風の食事療法

情報化社会なのでいろいろ痛風に効果のある食品があれやこれや言われるが、一番大事なのは、カロリーコントロールこれに尽きる。あまりにも痛むので何かに縋りたくなるが、特効薬はない。時間をかけて治療していくしかないのだ。

痛風発作はありがたい病気

すなわち、体からの警告をしっかりと受け止めているということに他ならない。体は決して無駄なことはしないのだ。危険だから知らせてくれている。あの激痛でもって。ゆえに、誓いを反芻するこころのコントロールをするそして深呼吸だ。

痛風と運動療法

これは個人の趣味もあるが私はウォーキングや水泳をおすすめする。これはただ単に気持ちがいいからである。水泳のいいところは体の熱を逃がしながら運動出来ることだ。激しい運動は体温が上がり、汗だくになると発作の恐怖がつきまとう。水泳やウォーキング…

誓いとは反芻されるもの

痛風発作の激痛に見舞われているとき、心の中で何度誓いを立てたのだろうか。しかしながら発作が治まり、投薬により尿酸値も安定してくるとその「誓い」もあまり意味の無いものになっている。誓いは反芻されるもの。それをまず意識して【こころのコントロー…

痛風発作とストレス反応

痛風発作が起きる前には必ず陥っている精神状態がある。そこには間違いなく切迫したストレスがかかっている。ストレスの内容は人によりけりだか間違いなく精神的高揚を伴わければ発作は起きない。痛風発作は尿酸結晶に対する血液の白血球の貪食によるもので…

痛風治療のコツと盲点

発作が近づいてきたときの食事でおすすめなのはキャベツの千切りサラダ。医学的根拠はないが経験則で発作が治まるのが早くなる気がする。実証されてはないがキャベツの酵素がもたらすものが発作に影響しているのではないかと推測している。痛み止めを飲むた…

少し良くなった?

黒い部分が少なくなった。今日も涼しいからかな。

今夜は涼しいです。

大きめサイズの桶を用意した。これで風呂場に必死になって行かなくて済む。気温が少し低いので腫れが酷くならないで済んでいる。しかし患部の組織の壊れようといったらひどいな。しっかり治療プランを立てなければ。

数年ぶりの大発作 

私は痛風もちである。何度この事を申し上げただろう。 数年ぶりに痛風大発作に見舞われ、現在格闘の最中にいる。 もう腫れが引かずに二週間という時間が過ぎようとしている。 私の最初の発作は19歳であったから、かれこれ20年痛風という病気に、 いや痛風と…

発作日

この日は汗をかき、沢山あるいた。今までの不摂生が 発作により噴き出した。 夕飯時は忙しく、めずらしくスーパーでヤマザキパン二つを 買って食べた。それも原因のひとつだ。 とにかく理由のない焦りもあった。夜の間に済ませておきたい 事案があった。 そ…

尿酸値

尿酸値が下がりました!何年ぶりの低数値でしょう。 まさかの5.1mg/dlでした。成人男性は7.5mg/dl以下が良好なのですがさらに低い値です。 私は一時期10mg/dlを超えていました。 フェブリクという薬にかえてから効き目が出てきたのかもしれません。体重も年…

歩けるありがたさ。

やっと足をつけて歩けるようになりました。これだけで何と有難いことでしょう。 飲み薬、貼り薬フル稼働でした。 もう二度と発作を起こさないよう 用心したいと思いました。 ちょっと油断するとぶり返し発作が あるので気をつけたいと思います。